布ナプvsケミナプ お金の話

使い捨てないので環境にもお財布にもエコと言われている布ナプキンですが、本当に経済的なんでしょうか。

ケミカルナプキンと布ナプキンのお金の差を比較してみました。

 

必要枚数はわたしの場合で計算しています。

 

  布ナプキン ケミカルナプキン

1サイクルの枚数

夜×2枚

昼×10枚

(1日5枚換算、洗い換え用)

少ない日×4枚

(1日2枚換算、洗い換え用)

夜×3枚

多い日×20枚

普通の日×15枚

少ない日×15枚

 

単価

夜 @2000円

昼 @1500円

少ない日 @1000円

夜 @35円

多い日 @16円

普通の日 @11円

少ない日 @8円

1サイクルの

その他コスト

アルカリウォッシュ

1円/g×80g=80円

(5gを1日2回、8日間と仮定)

水道代

0.3円/L×150L=45円

(1回の手洗いで5L、30回洗うと仮定)

サニタリーポット用ゴミ袋

3円/枚×2枚=6円

1ヶ月当たりの費用 23,125円 716円
1年当たりの費用 24,500円 8,592円
3年当たりの費用 27,500円 25,776円

 

布ナプキンは5年ごとに1サイクル分買い足すとして、さらに計算していきます。

 

   布ナプキン ケミカルナプキン
5年当たりの費用 30,500円

42,960円

10年当たりの費用 61,000円

85,920円

20年当たりの費用 122,000円

17,1840円

 

布ナプキンは初期費用こそ高いですが、ランニングコストが低いので長い目で見ればお得です。

またワンコイン布ナプキンや、自家製布ナプキンを使えばもっと安く済みそうですね。

ただしかわいい布ナプキンを見つけるたびに買いたくなる欲求を抑えるのが大変です。