布ナプキンの洗い方

布ナプキンの経血は意外と簡単に落ちるんです。慣れてしまえば面倒にならなくなります。

 

手順とポイント

1.手洗い

まずは軽く手洗いします。押すように洗うのがポイントです。

ゴシゴシすると布ナプキンが傷んだり型崩れしたりします。

血液はたんぱく質なので、熱すぎるお湯だと凝固してしまい、落ちなくなります。40℃以下のお湯を使うようにしましょう。

 

2.漬け置き

次にアルカリウォッシュを溶いた水に漬け置きします。

500mlの水に対して5g(小さじ1杯程度)が目安です。汚れ具合によって調整します。

漬け置き時間の目安は数時間~半日です。

落ちた汚れが逆戻りしてしまう可能性があるので、水が汚れた場合は交換しましょう。

 

※アルカリウォッシュとはセスキ炭酸ソーダのことで、皮脂や血液汚れに強いという性質を持っています。

頻繁に使用すると手の皮脂も奪われていくので、手の荒れやすい方は手袋の使用をおすすめします。

手袋が面倒、使いにくいという方には「とれるNo.1」という洗剤がおすすめです。→ 楽天市場で「とれるNo.1」を検索

 

3.洗濯機で洗う

洗濯機の脱水コースだけかけてもいいのですが、わたしは面倒なので他の洗濯物と一緒に洗っています。

軽くすすいでからネットに入れて洗濯します。

柔軟剤を使うと布ナプキンの吸収力が下がってしまうので、控えるようにしましょう。

洗剤は無添加の石鹸がよいとされていますが、必ずそうしなければいけないわけではありません。

手洗いのみでそのまま干すと生乾きの原因になるのでおすすめできません。